おいしい人生

f:id:ikukichi:20180518173634j:plain

 

教養とは「知識×考える力」である

出口治明が語る「教養と日本の未来」(2)「人・本・旅」

●知識×考える力=教養


 昨今、「リベラルアーツが大事。やはり教養を身に付けなければいけない」といった声をよく聞くようになりました。では「教養」とは何でしょうか。講演では聴衆の皆さんに次の質問を投げ掛けます。「おいしいご飯とまずいご飯、どちらを食べたいですか?」

 全員、美味しいご飯に手が上がります。美味しいご飯を因数分解するとどうなるでしょう。いろいろな材料を集めて上手にクッキングすればおいしいご飯が食べられます。「いろいろな材料×上手に調理をする」ことでおいしいご飯になると思います。

 次にもう1問、質問します。「おいしい生活とまずい生活、どちらがいいですか?」

 「おいしい人生とまずい人生」と言い換えてもいいですが、これも全員おいしい人生と答えます。同様に因数分解したらどうなるでしょうか。いろいろな材料に匹敵するのがいろいろな知識だと思います。またクッキングに対応するのは、考える力だと思います。いろいろなことを知っていることに、自分の頭、言葉で考える力を掛け合わせると、おいしい生活、おいしい人生につながると思います。言い換えれば、「知識×考える力」が教養であり、あるいはイノベーションリテラシーといってもいいでしょう。


●製造業からサービス残業への日本社会の変化


 戦後の日本は、製造業の工場モデルが社会全般を引っ張ってきました。日本は見事に復興を果たしました。製造業の向上モデルで必要とされる人材はどういう人材でしょうか。それは、決められたことをきちんと守り、協調性が高く全体の空気を読み、黙々と長時間労働を厭わない労働者でした。なぜならば、製造業の工場モデルの付加価値の源泉は生産ラインにあるからです。

 生産ラインを止めてはいけません。例えばスティーブ・ジョブスのような人間が生産ラインの前に立ったらどうなるでしょうか。腕組みをして考え込み、生産ラインは止まってしまうでしょう。しかし、今やわが国の GDP を分析すると、製造業のウエイトは4分の1を割り込んでいます。サービス産業がこれからの経済を引っ張っていくことは疑いようがありません。


●「知識×考える力」がイノベーションになる


 サービス産業には生産ラインはありません。まさにジョブスのようにいろいろなことを考える人間が必要とされています。先ほど「知識×考える力」が教養であり、リテラシーであり、イノベーションであると話しました。一つの例を挙げます。

 5年ほど前、現在ではミシュランに載るほど人気のあるラーメン屋ができました。この店の売りはベジそば、つまり野菜そばです。人参のピューレにムール貝のスープで味をつけてあります。ラーメンも人参もムール貝も、珍しいものではありません。ほとんどの人が一度は食べたことがあるはずです。しかし、ラーメンと人参とムール貝を掛け合わせればおいしいラーメンができると考えた人はいなかったということです。このように、「知識×考える力」がイノベーションになり、おいしい生活になり、それが教養、リテラシーだと思います。


●「人・本・旅」で知識や考える力を身に付ける


 どうすれば知識や考える力が身に付くでしょうか。クッキングを考えてみてください。最初はレシピを見てその通り料理をします。もし辛ければ醤油を減らしたりするでしょう。まず真似をすることによって、自分なりの料理の方法を作っていくということです。考える力も同じで、先人の発想のパターンを真似するところから始めなければいけません。

 僕は「人・本・旅」と言っていますが、人間が賢くなるためにはいろいろな人に会い、多くの本を読み、さまざまな場所に出かけて自らを鍛えるしかないということです。知識を得るだけではなく、人や本やそれぞれの土地に住む人々から考え方のパターンや発想の型を学び、それを自ら修正していくことによって考える力が鍛えられるのです。

 これからの日本ですが、少子高齢化という面では世界の最先端を行っています。少子高齢化といえば悲観的に考える人が多いように思いますが、例えば秦の始皇帝が望んだのは不老長寿であり、その意味では日本は世界の理想郷の最先端であると考えることもできます。その際に必要となるのは、前例がない中、自分の力でさまざまなことを考え実行し社会を作ることです。まさに日本こそ、世界で一番スティーブ・ジョブスのような人間が要求されていると思います。

Go where nobody has gone, Do what nobody has done

f:id:ikukichi:20180314103730j:plain

Mary Lyon | Mount Holyoke College

論語とそろばん

f:id:ikukichi:20180517204724j:plain

合理と情理の実践的な正反合

 「リーダーは、経済性や競争の合理に強いことだけではうまくいきません。人間性の本質への洞察と、人間の情理にも強くなければ。人間は、習慣と感情の生き物ですから。この合理と情理の2つを状況に応じて巧みに擦り合わせ、組織メンバーに大きなストレスのかかる意思決定ができる。しかもメンバーが迅速、円滑に実行してくれるように組織を運営する能力がリーダーには求められます。一言で言えば合理と情理の実践的な正反合(正と反の2つを統合した、より高度な判断)能力なんです。そのためには、人生経験、特にリーダーとしてタフな、修羅場を経験することが重要なのです」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO30324900Q8A510C1000000?channel=DF041220173308&style=1

「面白い」と思えるテーマを大切に

f:id:ikukichi:20180315173019j:plain

 

 

 

新入生諸君、志を持ってほしい 

池上彰
 
コラム(ビジネス)
2018/5/14 2:00
日本経済新聞 電子版
  

 

 大型連休が終わり、大学生のみなさんもキャンパスへ戻ってきたころでしょう。今回も「大学で学ぶ君たちに」というテーマで行った新入生へのメッセージを紹介します。文系、理系に限らず、自ら学ぶこと、生きていく志について考える機会になればと思います。

「面白い」と思えるテーマを大切に

 東京工業大学には、2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅良典栄誉教授がいらっしゃいます。受賞前、ご自身の研究内容について説明していただいたことがあります。

 大隅教授によれば、「いつか何かの役に立つ」とか、「ノーベル賞級の研究に」とか考えて研究に没頭してきたわけではないというのです。研究テーマ選択の理由は「面白いから」。研究者として、とことん調べたいという気持ちを大事にされていたのです。

 

「好きなことを学ぶ気持ちを大切にしてほしい」。講演する東工大の池上彰特命教授(4月5日、大岡山キャンパス)

「好きなことを学ぶ気持ちを大切にしてほしい」。講演する東工大池上彰特命教授(4月5日、大岡山キャンパス)

 これに通じるエピソードがあります。以前、欧米の大学を視察して意外な発見がありました。理系学生が熱心に芸術に親しんでいたことです。

 とりわけ米マサチューセッツ工科大(MIT)で聞いた「最先端科学はいずれ陳腐化する。すぐ役に立つことはすぐに役に立たなくなる」という発言は衝撃的でした。現代のように、経済情勢の変化や技術革新が著しいと、数年も先を見据えて特定の分野を学び、究めることは難しいのです。

 そこで注目されているのが「リベラルアーツ教育」と呼ばれる取り組みです。学生が専攻以外にも学びの領域を広げ、議論を深めながら、「自らの頭で考え抜く力」を養う狙いがあります。

 東工大では16年度から、すべての新入生が大学で学ぶことの意味を考え、議論する「立志プロジェクト」もスタートしています。

 もう一つ、研究を志す君たちに考えてほしい問題があります。日本が歩んだ高度成長の陰で水俣病など四大公害病という取り返しのつかない社会問題を生んでしまったことです。原因究明までには長い時間がかかりました。多くの被害者を出しただけでなく、今も健康被害に苦しんでいる人々は大勢います。

 解決が遅れた背景には、原因企業が非協力的だったり、ほかの原因を唱える大学教授が登場したりしたことも影響したでしょう。大学の知名度が、その判断に大きな影響を及ぼしたことは否定できません。しかし、そもそも公害を生み出した企業の社員は、その原因に気づいていなかったのでしょうか。

 将来、君たちの多くが企業や研究所などで働くでしょう。会社の利益か、それとも人としての良心か、問われる場面があるかもしれません。企業の不祥事はかたちを変えながら、いまも繰り返されてきました。決してひとごとではないのです。

 

講演後、新入生(右)の質問をきく東工大の池上彰特命教授(左奥)(4月5日、大岡山キャンパス)

講演後、新入生(右)の質問をきく東工大池上彰特命教授(左奥)(4月5日、大岡山キャンパス)

 新入生から寄せられた質問にも答えました。その一部を紹介します。

〈学生A〉 大学界では、「リベラルアーツ教育が大事」という流れになっていると思います。ブームに乗ることが大切なのか、その流れをどう見極めるべきでしょうか。

〈池上教授〉 時代の流れに疑問を持つということは、とても大切な問題提起だと思います。

 生き方や物事に対する姿勢に関して答えに迷ったときには、「人として正しい判断かどうか」という視点、30~40年たったときに「これで良かったのだ」と思える自らの生き方について一本の柱を持ってほしいと思います。

まず「自分は何をやりたいのか」を考えて

〈学生B〉 人にはブランドがないと安心できないという心があることも事実だと思います。先生はどうお考えですか。

〈池上教授〉 確かにブランドがないと不安ですね。よく「就社」か「就職」かといわれます。まずは、東工大で何を学び、その研究をどう進めるかという過程で有名企業に入ることもあるでしょう。あるいは起業するという選択肢もあります。「自分は何をやりたいのか」というスタンスを大事にしてほしいのです。

〈学生C〉 人間性の成長のためには読書ばかりでなく私が好きなアニメや漫画にもヒントがあるように思います。

 

いけがみ・あきら 東京工業大学特命教授。1950年(昭25年)生まれ。73年にNHKに記者として入局。94年から11年間「週刊こどもニュース」担当。2005年に独立。主な著書に「池上彰のやさしい経済学」(日本経済新聞出版社)、「池上彰の18歳からの教養講座」(同)、「池上彰の世界はどこに向かうのか」(同)、「池上彰の未来を拓く君たちへ」(同)。長野県出身。67歳。

いけがみ・あきら 東京工業大学特命教授。1950年(昭25年)生まれ。73年にNHKに記者として入局。94年から11年間「週刊こどもニュース」担当。2005年に独立。主な著書に「池上彰のやさしい経済学」(日本経済新聞出版社)、「池上彰の18歳からの教養講座」(同)、「池上彰の世界はどこに向かうのか」(同)、「池上彰の未来を拓く君たちへ」(同)。長野県出身。67歳。

〈池上教授〉 人生の教訓を学ぶため、小説を話題にすることが多いけれど、アニメや漫画にも大切な視点があると思います。「なぜこのキャラクターをつくったのか」「どうしてこんな人間関係があるのか」

 アニメの作者によるシナリオづくりの意図を読み取ることが大切ではないかと思います。そこに実際の人間社会の縮図が描かれていたり、作者自身の問題意識が凝縮されたりしている場合があるからです。

 君たちが自ら問いを立て、答えを求めて学ぶことは、道なき道を切り開いていく経験につながります。そこで鍛えた判断力が、やがて人生の岐路に立ったときに答えを出す糧になるはずです。

深く学び続けるということ

f:id:ikukichi:20180327071518j:plain

考えて、考えて、考え抜く。自分の頭で考え、自分の言葉で意見が述べられるように勉強を重ねる。考えることさえ怠らなければ、きっと良い未来を創り出すことができる 出口治明氏「本物の思考力」

判断すべき課題

f:id:ikukichi:20180515125525j:plain

明確にしなければ判断できない 出口治明氏「本物の思考力」

リテラシーをあげなければ

f:id:ikukichi:20180515123500j:plain

勉強しなければ、自分が損をする

何かを学ぶと言ことは、選択肢を増やすこと

出口治明氏「本物の思考力」