You are what you eat(あなたが食べているものがあなた自身)

f:id:ikukichi:20180121165559j:plain

出典: 

 

”腹を据える”、”腹を割って話す”、”腑に落ちる”

頭よりも腹で覚悟をしたり、直観を感じとる。

 

第二の脳といわれる腸。

 

英語の格言に、

「You are what you eat.(あなたが食べているものがあなた自身)」があり、

日本語でも、食事は、人を良くする事と書く。

 

食べているものがその人の存在を決める。

とも読めなくはない。

 

動物性たんぱく質より、植物性たんぱく質を中心とした

一汁一菜という食事。

季節のものをいただいて、そのエネルギーをもらい、

腸をきれいにし、心と体のバランスを整える。

 

最近、健康ブーム。

この大切さに気がづいたのかもしれない。

 

食べる時間は夜8時までに済ませ、

朝はゆっくりをお茶を入れていただく。

 

散歩する時間で、腸を動かし、

昼までは野菜だけをとり、腸を休める。

 

大好きなお肉の量を控えて、

未精製の穀類(玄米、押し麦、十割そば

豆類(おから、きな粉などの大豆製品)

野菜、果物(ゴボウ、ホウレンソウ、カボチャ、サツマイモ

ブロッコリー、バナナ)

海藻類(ひじき、わかめ、カンテン)

キノコ類(干しシイタケ、きくらげ)

の量を増やしてみる。

 

今日から体と心がどのように変化するか

実験的に始めてみたい。

GoodからGreatのステップ

f:id:ikukichi:20180101141846j:plain

 教え方がうまいと評判の先生。

その人は、「私は実は苦手で時間をかけてここまでやってきた」という。

だから、できない人の気持ちがわかるし、

「だれでもやればできるんだ」という経験からの確信を持つ。

 

ゴールを達成するまでの長い道のりのなか、

どんなことに困り、つまづくことを理解している。

だからこそ、相手の気持ちに寄り添うことができ、人がついてくる。

その人から教えをうけた人は、その人に近づきたい想いから、頑張れる。

 プロになるまでに1万時間の投資が必要なのだから、

そうした気持ちに最初にリーチできるか。これが重要だったりする。

 

 苦労せずに簡単にできる天才。

この方は、できることが当然なので、できない人の気持ちを理解しえない。

 

できない人に「どうしてできないんだ」といい、攻めてしまう。

この方は、自分は苦労せずにゴールにたどり着いたので、その道筋を伝えることができない。

 

その分野が苦手であるが好き。

こんな人がこの道のプロになるには、まずは自分と同じタイプの苦労をして身に着けてきた

先生から教えを請ってから、その後、天才と分かち合い、共に高めあう。

 出逢いには、その成長に応じた順番があるのではないだろうか。

心で記憶すれば一生忘れない

f:id:ikukichi:20171112234504j:plain

 


心で記憶した作品ーー

「Pay it Forward(ペイ・フォワード-可能性の王国)」


2000年に公開された映画。

 

 

このストーリーは、社会科の授業で出された課題

「Think of an idea to change our world-and put it into ACTION!!」


(世の中の良くするためには?)から始まる。


主人公11才の少年トレバーは、

「一人の人が3人の人に良いことをする、そしてその3人がそれぞれ

3人の人に良いことを...これを繰り返すと、世の中がよくなる」

自分が受けた善意や思いやりは、その相手に返すのではなく、

別の3人に渡すというもの。

 

世の中を「地球の人口_70億人」とすれば、

21段階で地球の人口を超える。

 

 

3の16乗⁼43,046,721(0.4億人)

3の17乗⁼129,140,163(1.2億人)

3の18乗⁼387,420,489(3.8億人)

3の19乗⁼1,162,261,467(11.6億人)

3の20乗⁼3,486,784,401(34.8億人)

3の21乗⁼10,460,353,203(104.6億)

 

善意や思いやりは、期待せずに手放す。

いずれ自分に戻ってくる。

 

「情けは人の為ならず」


この一言に込められた日本人の知恵の

すごさを改めて感じる。

好きこそものの上手なれ

 

  智は万代の宝とはよく言ったもので、

「ことわざ」というすぐれた知恵は、時代を超えた役立ちがある。

 

今日紹介したいのは、「好きこそものの上手なれ」

 

英語では、What one likes, one will do well.

(好きなことなら上手くやれる=好きこそものの上手なれ)

Do what you love and the money will follow you.

(好きなことをやりなさい、そうすれば結果はついてくる)

として使われる。

 

特定の分野を勉強するとき、 一定の時間が必要となる。

良く言われるのは、

 

「1,000時間やれば専門の入口に立てる

3,000時間やればそれで飯が食える

10,000時間やればプロフェッショナルになれる」

 

1日10時間を仕事、仕事に関する勉強の時間をして

1,000日でようやくプロに到達。

石の上にも三年とはよくいったものだ。

 

ここまで継続するには

やはり、好きでないと続かない。

 

親や先生などの言うことよりも、

自分は何がやりたいのかがより重要となる。

 

これは、リーダーシップも同じ。 

リーダ―輩出で有名な

General Electric Companyは、

「ビジネスに必要な知識より、自分の興味や情熱がどこにあるのかの軸」

の自己理解を何よりも大切にする。(日経産業新聞 2016年6月9日)

 

自分を理解は、他者の理解に通じ、

効果的なコミュニケーションができることにリーダーの

役立ちがあるからだと理解する。

 

私の尊敬するビジネスリーダーはいつも上機嫌。

話していると、いつも元気づけられる。

エネルギーレベルが高くて、いつも周囲に素敵なヒトが集う。

 

やりたいことをやっているからこそ、

上機嫌でいられ、自分にも周囲にも良い影響を与えるともいえる。

 

少子高齢化が進むなか、貴重な労働力の再配分の基準は

 

「好きこそものの上手なれ」

 

より重要になってくるのではないだろうか。

洗練されたチカラ

 

1月のHRカフェの講師からのメッセージ

ダイバーシティの目的は「多様な考え方の活用」

 

ホモジニアス(同質、均質であること)な社会から

ヘデロジニアス(異種、異質であること)な社会に変容するということ。

 

このキーワードを頻繁に目にする背景___

 

日本の制度がきっちりと作り込まれたことからくる

変化が起こりにくさ

この認識の高まりにあるのではないだろうか

 

日本は「不確実性回避志向」が高く、

あらかじめルールを決めることを好む。

 

不確実性を減らすためにできた、

いろいろなルールや規則、仕組み、約束事…

 

会社での仕事の手順も、冠婚葬祭など、

催事の席表、祝い金、お香典の金額などが存在

 

作り込むゆえ、非常に複雑なシステムが強固となり、

歴史的にずっと続いていく

 

恩恵を受けられない人々が制度を変えてきたという

リンダ・グラットンは

これを壊すには「洗練されたチカラ」が必要だという

 

このキーワードが今もなお、言われ続ける理由が分かる気がした

100歳まで生きる」を喜べない–リンダ・グラットンが“日本社会を壊すため”に必要なものを語る - ログミー

 

f:id:ikukichi:20170304191714j:plain

教育の本質は「エンカレッジ(encourage)」

 

歯切れがよく分かりやすいプレゼン

彼の講演会はいつも満席

参加者は時間もお金も余裕のあるヒトたち

 

わざわざお金を払って

彼のメッセージを聴きにくる

 

その方は慶應大学の竹中平蔵さん

 

なぜ、多くの人が彼のメッセージを聴きに来るのだろうか

 

最近の彼の本を読んでみると、その理由が分かった

「世界で突き抜ける 」佐藤 航陽 (著), 竹中 平蔵 (著)

 

その理由のひとつ

「エンカレッジ(encourage)」

 

日本の礼儀正しく秩序を保って行動する文化。

学校でも会社でも、「あれをやってはいかん」「これをやってはいかん」

ディスカレッジングで、やる気をそぐシステム

 

アメリカは国を上げて実にほめ上手

教育とは本来、あれをするなだのこれは危険だの

ネガティブリストをあげつらうのではなく、

「ああしよう」「こうしよう」とポジティブリストを示唆するもの

 

知識を教えるのではなく、

勉強する気になってもらうこと

 

彼はアメリカでの経験から、

メッセージにこの精神を届けていて 

彼の話でエンカレッジされて、またヒトが集う

 

この文化が下敷きにあるのではないだろうか

 

エンカレッジの精神

大阪の「やってみなはれ」に似ていると感じるのは私だけであろうか

 

f:id:ikukichi:20170224133905j:plain

散歩から始めよう

 

f:id:ikukichi:20170219211444j:plain

スコーンと遠くまで見渡せる

突き抜けた視界はやっぱり気持ちがよい

 

散歩をしていて立ち止まるとき

突き抜けた視界が多い

 

ワサワサしていた頭のなかが

外を眺めていると、

なんだか、すっきりしたりする

 

「アイデアは距離に比例する」とよく言うけれど、

 これは移動をすることで、

視たり、聴いたり、匂いを感じたり、

五感に刺激を与えるから

 

走るのもいいのだけれど

私はゆっくりと

散歩を味わうことから始めたい