読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間という優しさ

 

f:id:ikukichi:20170107203425j:plain

 

 

間という優しさ

 

主語は

あなたが基本

 

私を主語にする時は

説得力があり、

相手が欲しがるものであること

 

このような話し方は

私を見てくれるという

安堵感が

ホッとさせる

 

この前提には

自分に相手を想える

空間があること

 

自分が何者で

何ができるのかが重要

 

自分とつながるは

相手につながること

 

自分と話をする

その時間も大切にしたい

言葉の底にある気持ち

 

f:id:ikukichi:20170107185519j:plain

 

主語をすっ飛ばしても

話しがすすんしまう日本語。

 

たとえば、

「結婚します」という

この言葉。

 

誰が何をするのか

が分からない。

 

文体の間を読んで

理解をして話しがすすむ

 

だから認識する

機会を失ってしまう

 

この文体の

根底にあるのは

「責任」

 

明確にしたくない

という気持ち

 

これは裏返すと、

一度引き受けたものは

最後までやるという

日本人の国民性が

でているという

 

これがコミュニケーションを

生業とされる

専門家のご意見に

深く得心

 

気楽に

エントリー

楽しいからやってみる

 

あわないなら

さっさと辞める

この潔さ

 

これをよしとする

アメリカンなやり方とは

ちょっと違う

 

言葉の使い方は

根底にある思いの違い

 

この潜っている気持ち

大切にできるようにしたい 

人の見ていないところが見えること

 

今日は、ボランテイアで

参加している

HRカフェの来年度案を

同じ幹事をする方(先輩)に相談。

 http://www.jshrm.org/event/hr-cafe

 

自分としては面白い

この組み合わせは最高

聴くヒトも助かる(私も知識が深まり助かる)

 自己中心的なところもあった

 

その幹事は

いつも私にもっていない

誰も見ていない切り口をもっていて

すぐに提案してくださる

 

 助けたいという思いがあるから

人の見ていないところを見えている。

 

どんなマインドで

どんなヒトと付き合い、

どんな経験をして

何を考えているんだろう。

 

ヒトに貢献すること、

助けることを

もう掘り下げて考えてみたい。

 

f:id:ikukichi:20161126140230j:plain

 

自分の言葉で語ること

 

人に伝えるためには自分の言葉で語る。

そのためには平均な集約だけではいけない。

思いっきり振りきれるヒトの方が面白い。

 

面白いお話をしてくれるヒトは

自分の経験を超える経験を意識的につくっている。

それが自分の言葉になっていて面白いのだ。

 

今の自分のサイズのことしか

語れないのだとすると、

いろんな経験をしたり、

自分と違う視点の面白いヒトの話を

聞かせてもらうこと。

 

コンフォートゾーンから離れてみる。

 

そうするうちに少しつづ、

自分の枠が大きくなる。

 

やがて、自分の枠がなくなってくるはず。

f:id:ikukichi:20170104204201j:plain

今年最後の映画 

 

「海賊と呼ばれた男」

 

出光佐三氏のいきざまが凄まじく

心が動かされました。

 

経営者の出光佐三氏の人間的魅力。

時流を読む眼力、ぶれない信念。最後まで諦めないという心。

 

タイムカード(出勤簿)なし、馘首なし、定年なしは、

一貫してプロ集団をつくるに導かれる。

これが本当の人間尊重だと感じ入りました。

 

枠をなくせば見えてくるものがあるとは、

こういうことなのかもしれません。

f:id:ikukichi:20161231231628j:plain

語り続けられる感情

 

二度目となった12月の歌舞伎座

もう二度と見ることができない

豪華キャスティング

 

この貴重な経験を

させてくれた素敵な友達に感謝♡

 

京鹿子娘道成寺」のストーリーより、

キャスティング玉三郎勘九郎(お色気)がお目当て。

 

京鹿子娘道成寺」は

道成寺に伝わる「安珍・清姫伝説」がベース。

 

内容は、思いを寄せた僧の安珍に裏切られた

少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化して、

道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺す。

なんとも、怖い話。

 

驚いたことは、

日本最古の歴史書の『古事記』の

本牟智和気王説話に出雲の肥河における

蛇女との婚礼で語り継がれていたものであるということ。

 

古事記がつくられたのは、西暦712年。

恨みつらみがここまで語り継がれてしまう。 

 

清水建二さんから教えてもらった

万国共通の微表情は7つあるけれど、

Happiness(喜び)以外は、

Anger(怒り)、Fear(恐怖)、Surprise(驚き)

Sadness(悲しみ)、Disgust(嫌悪)、Contempt(軽蔑)と

後ろ向きな感情が多い。

 

後ろ向きな感情は、身体反応として残りやすく、

喜びは回収はしにくい。

 

自分以外の喜びを

自分のことのように喜ぶ。

 

その喜びが入るスペースを残しておけば、

喜びが跳ね返り、自分に舞い込む。

内から、外からもいただく感じが

ちょうどよいんだと思う。

 

外からも内からも喜びが入る

余裕をもつもつこと。

喜びが入る領域を

もっと増やしていきたい。

 

f:id:ikukichi:20161230010758j:plain

 

 

 

日本語のチカラ

 

いってらっしゃい(無事に帰ってきてほしいという気持ち)

おかえりなさい(安堵の感謝の気持ち)

いただきます(命をいただくという感謝の気持ち)

 

祈りとともに送り出す

言葉に感情のエネルギーをのせる

 

日系と外資、日系の人事役員を経験

独立した有名な経営者

 

「挨拶が大切」と言い切ったのは、

言葉の下に潜っている

この感情を重視していたからに違いない

 

「日本人の脳」を著した

角田忠信氏の研究によれば、

日本人について実験して見ると、

左右の脳の分担に欧米とに差があるという

日本人の左脳は

論理、数学等のロジック以外に

欧米人は右脳で分担する

母音や情緒的・感情的な自然界にある音

(動物の鳴声や小川のせせらぎ、風や葉の音)

も同時処理するユニークさに特徴がある

 

日本人の脳が

自然と感情と知性が一体にあるのは

個性ある独特な理論を

展開する素地があるともいえる

ノーベル賞 自然科学分野で日本はアジアでトップ)

f:id:ikukichi:20161225195125p:plain

 

心がざわざわする

急いでいる

 

こんなときほど

決まり切った挨拶をせず

 

言葉を手渡すように

ゆたかに丁寧にしたい

  

f:id:ikukichi:20161225194012j:plain