読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事の始まりは自分を知ること

 

始めて逢うヒトに

自分を紹介をするとき、

 

-自分の専門性(強み)は何か

-相手にどのような価値を提供できるのか(役立ちは何か)

この2つを相手に分かりやすく伝えることが必要だ

 

「自分は何者か」を深く知ること

それが言葉となり、相手に刺さるメッセージになる

 

他者のことはよく見えても

自分のことはなかなか見えていない

 

自分の強みを知るには、

人から求められていること

喜ばれることを知ることにある

 

自分の強みに気づけば、自信となり、

逆境を乗り越える武器にもなる

(山口伸廣氏「逆境の教科書」)

 

例えば、業界の人事(慣行)の知見やネットワークがあり、

多くのビジネスパーソンから、転職の相談を受け、

成功(転職して3か月後、本人(会社)良いと判断)となった

これも立派な強み

 

それ以外に強みを発見するためには、

-弱みは何か(弱みの隣に強みにある)

-コンプレックスは何か(扱い方を知れば強みにもなる)

-何を実現したいのか(夢は何か)

 

最後まで自分をあきらめない

自分の強みを発見して育てること

これをやり抜くこと

 

相手と話すことで、

相手を知り、自分を知る

そしてお互いを大切にする

 

今年度をより豊かに、

楽しいことをするために

自分の強みをしっかりと棚卸したいものだ

 

f:id:ikukichi:20141113140027j:plain